2018年10月18日

11&12月のアカデミアカリキュラム

≪休講≫
11/17(土)、12/29(土) あざみ野全クラス
11/10(土)、12/23(日)、12/30(日) 池袋全クラス
12/22(土) 池袋中級クラス、応用オープンテクニカ

≪変更・振替≫
12/22(土)14:40~16:00 池袋初中級クラス←12/23(日)の振り替え(MIB・B)
12/29(土)14:40~16:35 池袋マントンクラス←12/23(日)の振り替え(MIB・B)

≪基礎テクニカオープンクラス≫
11/4、11/18、12/2、12/16

≪応用テクニカオープンクラス≫
11/24、12/8

≪セビジャーナスオープンクラス≫
11/11、12/9

≪タブラオオープンクラス≫
11/25
*12月は休講

詳細はこちらをご覧ください↓
大野環フラメンコアカデミア「ELANILLO」HP
www.tamakiono-elanillo.jimdo.com
posted by たま at 11:32| Comment(0) | アカデミアからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

虹の橋を渡りました。

ご報告が遅くなりましたが、我が家のお姫様だったコールダックの茶々が先日虹の橋を渡りました。
本当に急でしばらく茶々がいないという実感がありませんでしたが、病院から亡骸を引き取って来て、家に連れて帰って散々泣きました。

お骨にしてもらい、自分なりにお葬いをしたら少し気持ちの整理がつきました。

茶々が換羽期に残した羽根を全て取ってあったので、マクラメと天然石のビーズを使って御守りを作りました。6FE90A10-34D2-412A-B0EE-388D83B17CCF.jpg
茶々が我が家に来てくれてから、本当に良い事が沢山あったので、皆さんにも少しでもお裾分けが出来れば良いな、という思いと、収益金をあひるネットワークさんに寄付させていただく事で、遺棄されて保護が必要なアヒルさん達の僅かでも助けになれれば、という思いで作製しています。

まだWEBでの販売は未定ですが、とりあえず今度の展示会で一本\300で販売いたします。
作品をご購入頂いた方には、一本プレゼントいたします。

茶々のオムツを購入していた、名古屋のアヒルカフェ「プチカナール」さんにも置かせて頂ける事になりました。茶々が繋いでくれたご縁です。

沢山の方々から追悼のメッセージや、茶々の写真や動画に癒されたとお礼の言葉もいただき、本当に愛されていた幸せなアヒルさんだったんだなあと、飼い主として誇らしく思います。

お茶々、沢山の幸せをありがとう。27667372-CCBE-4518-B970-C8C2E4A8FBE2.jpg

posted by たま at 17:27| Comment(0) | 華麗なる飯能暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

「LA・環」マクラメ展示会&ワークショップ開催❣️( 改訂版)

コールダックの茶々が急逝したため、アシスタントでの参加が出来なくなりました。会えるのを楽しみにしていらした方、申し訳ありません。
会場にて、茶々の風切り羽根で作製した御守りを一本\300で販売致します。
作品をお買い上げ頂いた方には一本プレゼントさせて頂きます。
こちらの収益金は全て、「あひるネットワーク」さんに寄付させて頂きます。
CE143384-C1A7-4DFE-AC8A-E3F477F6C9E6.jpg


作品・ワークショップの収益金の10%を、遺棄されたあひるの保護や治療を行っている「あひるネットワーク」さんに寄付させて頂きます。

日時:10/7(日)&8(月祝)
11:00~19:00
会場:スタジオアムリタ・ウエスト
JR吉祥寺中央口より徒歩5分

ワークショップT:「ねじり編みで作る天然石ビーズブレスレット」
10/7 11:30~14:30
10/8 15:30~18:30

ワークショップU:「巻き結びで作る天然石ビーズリング」
10/7 15:30~18:30
10/8 11:30~14:30

*各回限定4名まで

1年半ぶりにマクラメジュエリーの展示会と、初のワークショップを開催します!
今回はフラメンコにもご使用いただけるヘアアクセサリーもご用意いたしました。
石や糸をお好みでお選びいただけるセミオーダーや、ご自分だけのオリジナル一点物のオーダーなども承ります。
また、初心者からご参加いただける、初のワークショップも開催いたします。

詳細・ワークショップお申し込み方法はHPをご覧ください。

天然石&マクラメアートジュエリー「LA・環」HP
http://www.la-tamaki.com
5B26DE62-7DAC-4CB1-86CE-E7FAC7689577.jpgワークショップT.ねじり編みで作る天然石ビーズブレスレット
E2E522C5-03C6-4533-86AF-AFFE8F73948E.jpgワークショップU.巻き結びで作る天然石ビーズリン
8BFC30B6-63AF-4C3B-9A05-1D9099FAE1A9.jpg
「アラブの幻影」ラブラドライト、オレンジムーンストーン
78F3ABE5-E9A0-41C1-9CDD-1840A5DC9991.jpgフラメンコ用のヘアアクセサリーも展示いたします。
8FD4C2C5-BB9D-40F3-9767-D3630FD59C94.jpg
今回の収益金の10%を遺棄されたあひるの保護・治療を行なっている「あひるネットワーク」に寄付させて頂きます。
posted by たま at 14:29| Comment(0) | マクラメアート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

大野環プロデュースライブ❣️en カサ・アルティスタ

今年リニューアルオープンした老舗タブラオ「カサ・アルティスタ」からたまの企画でライブをやってほしいとご依頼があり、「大野環プロデュースvol.1」というなんだか妙にカッコ良いお題でライブをさせて頂く事になりました❣️
嬉しいな〜😍企画ライブ大好き✨
サイコーのメンバーと、通常ライブではあまり出来ない事をてんこ盛りします❣️お見逃しなく〜😄
チケットのお求めはお店か、たままでお願いいたします❣️✨40名様限定ですので、ご予約はお早めに❣️

「大野環プロデュースVol.1
The Professional Flamenco Show」
10/19(金)open18:30 show20:00〜
四谷三丁目カサ・アルティスタ
<Baile>堀江朋子、大野環
<Cante>許有廷
<Guittara>山崎まさし
<Violin>森川拓哉
チケット制:\5,800(ワンプレート、フリードリンク、チャージ込み)

6B829C96-9895-4339-B68C-EB77B3617A59.jpg
posted by たま at 17:36| Comment(0) | 華麗なるフラメンコ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

2018年の新人公演行ってきました!

ふ今年もフラメンコの甲子園、「日本フラメンコ協会主催新人公演」に金土の2日間、応援に行ってきました❣️
外も暑けりゃ劇場の中も熱い❣️🔥金土は知り合いが沢山出場されていたので観ているたまもドキドキでしたが、新人公演の楽しみと言えば誰が賞を取るかということ。
それを予測しながら観るのも一つの楽しみ方ですが、え〜みんな上手い❣️こりゃ誰が取るか分からん❣️てな状況でした😅
ていうか、あまり見劣りする人がいないんですよね…みんな普通に上手。見てられる。その中で、たまの心にグッと来たお二人がいました。
そのお二人は、やっぱり受賞されていましたので、たまの審美眼は間違ってないと自画自賛😂
そのお二人に共通な事…唄を大事に踊っている。たまの大好物なやつです。
お一人はシギリージャ。唄の時は振付なんかほとんどなくて、全身全霊で唄を聴き、身体が自然にその流れに乗って動き、エネルギーを貯めて貯めて、レマーテで爆発させる。唄を邪魔せず、その流れを確実に捉えている踊り。
もうお一人はソレア。今年はソレアがめちゃくちゃ多くて、連続5曲ソレアが続く不利な順番に入っていたのだけど、なんと唄3つ入れてきた。
(制限時間があるため、ソレアのような長い唄は皆さんせいぜい2つに留める)
黒の衣装が多い中、グリーン一色のサテンやベロアを使ったワンピースでソレアにしては少し派手目な衣装なんだけど、モイとタニェ怪物2人のお互い高め合っていくような濃厚な唄に逆にマッチしていて、踊りも負けてなくって、5曲の中で一番印象に残った。唄終わってすぐテンポアップしてマチョに突入していく感じがエネルギーがあって良かったし、だけど唄3つもあったからソレアを堪能出来て素晴らしい構成だった。タニェさんノリ過ぎて少しやかましかったけど😂
奨励賞を取るのは結構至難の業。皆さん踊りの技術はしっかりされている中で、突出してくる人って無駄な動きがなくて、構成が良くて、衣装が曲のイメージや踊りのスタイルにマッチしていて、唄をしっかり聞かせてくれる踊り手さん。
最後のとこは特に難しい。観る立場だったら、唄だけの時は100%唄に耳を傾けるけど、踊りが入ってきたら、視覚も使わなきゃならないから、唄に集中するパーセンテージは下がる。
それを逆に、唄を観客の耳に届ける踊りが出来る人って、本当に凄いと思う。唄ってる時はカンテが主役。唄の邪魔をせず、でも唄の流れには乗っていて、唄を引き立てるように踊る。そういう事の出来る人が、人を感動させられるし、賞に至る。とたまは思う。
ギターが主役のファルセータを引き立てて踊り、足の時は踊り手が引っ張って流れを作る。最後はみんなで一つになって高め合って終わる。言葉にすると簡単だけど、実際やるのは至難の業。
なんでこんな難しい事やってるんだろう😂難しいから、だから飽きなくていつまでもやってられるのかな

前述したけど、衣装も大事。
曲のイメージや自分の踊りのスタイルに合ってて、テアトロという大きな空間に対抗出来る衣装。それにバランスを合わせたアクセサリー。
ミュージシャンも大事。自分の技量とバランスの取れる、安定した本物を聴かせられる人達。音の厚みを考えて、パルマを入れたりカホンにしたりバイオリンにしたり、自分が聴かせたい音楽を作りあげられるメンバーを選ぶ。
だってバイレの入るフラメンコは、踊り手が指揮者の小さなオーケストラだから。
空間の使い方も勉強しないと。他の踊り手さんの動きを舞台全体が見える所から観察して、あそこまで行くとはみ出して見える、あそこで止まると効果的、と参考にして自分はどう使うか考える。
それを全部ひっくるめて、自分の作品。7分半という限られた時間の中で、自分の作品を披露する。
大変な事も、迷う事もあったけど、その過程は楽しかったなぁ✨
誰かに指導を仰いで、見てもらうことももちろん大事だけど、全て鵜呑みにする必要はない。あくまで参考でいい。だって自分の作品であって、その人の物ではないもの。「これだけは絶対外さない!」っていう物は持っておいて欲しい。
そうやって作り上げた一曲は、凄く愛おしい物になるし、それで賞が取れたら最高じゃない❓😍

長くなってしまったけど、なんにせよ今年賞を受賞された方々は、多かれ少なかれこういう事をやってきたと思うんです。
受賞された皆さん、おめでとうございます❗️🎊
受賞を逃した方々も、決して踊りが悪かったんじゃない。あと一つ、更に良くなるスパイスが足りなかっただけ。
沢山の作品を見せてもらって、たまもまた頑張らねば❗️とエネルギーをもらいました❗️😊出演された皆さん、本当にお疲れ様でした😄そして、ありがとうございました😘
posted by たま at 21:19| Comment(0) | 華麗なるフラメンコ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする